北アルプスに魅せられて                                         街の風景

威光寺 ー弁天洞窟ー

2006年10月1日(日)

京王よみうりランド駅の南側にある威光寺。
ここに弁天洞窟と呼ばれる洞窟がある。

拝観券にはこう書かれている。
「その昔、威光寺周辺の小沢峰山には大蛇が棲んでいるという言い伝えがありました。
ある夜、里人の一人が、大蛇が現われ弁財天と化すのを夢で見ました。
そこで、稲城村の村長原田所左衛門ら二十八人がこの洞窟を掘ったところ、中に弁財天を見つけたのです。
この弁財天に、大黒天・毘沙門天を加え三福神としてまつりました。」

 

受付で拝観料百円を払うと、ろうそくとマッチをくれる。
懐中電灯も貸してくれそうだったが、ヘッドランプをもってきたのでお断りした。
・・・が、借りておけばよかった・・・

 

橋をわたった先が洞窟の入り口である。
入り口部分は約1500年前の変形横穴式古墳だとされている。

 

入り口脇に設置された案内図。
全長65m。
広さ200坪。

洞窟内は大変暗いので
目をならしてからゆっくり歩いてください。
との、注意書きがある。

 

洞窟内に足を踏み入れてみて・・・
真っ暗である。
ろうそくとヘッドランプの灯りなど物の役にも立たないくらい暗い。
最初の角を曲がったところで思わず引き返してしまった。
しかし、目が慣れてくると、何とか進めるようになった。

  

一人で来たことを後悔しながらも前に・・・

以下、案内図に従った洞窟内の様子である。

 

十五童子 大黒天 文殊菩薩・弁財天・毘沙門天

 

振り返ると・・・
白蛇

 

ストロボなしで、ヘッドランプの灯りだけだとこんな感じ・・・
(マウスオン)

 

龍神 両部大日如来 弘法大師・文殊菩薩

       

外に出ると小雨がぱらついてきた。

一人で行くことはお勧めしません。
怖いです。

街の風景目次に戻る


トップページに戻る

inserted by FC2 system